×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

社労士試験で大事なこと

第45回(平成25年度)の社労士試験は、史上最低の合格率でした。

 

その合格率は、たった5.4%という低さ。

 

 

多くのボーダーライン上の受験生が、涙を呑んだ今回の社労士試験。

 

なかなか厳しい年でした。

最年長合格者は?

 

しかし、そんな難関試験でも、76歳の方が見事に合格を果たしています。

 

この76歳の方が、今回の試験の最高年齢合格者でした。

 

記憶力勝負の要素が強い社労士試験ですが、それでも70歳代後半の方が合格できるのです。

 

 

99.9%の受験生は、この方より年下だと思います。

 

「自分はもう若くない」「記憶力に自身がない」などと言ってる場合ではありませんよ。

 

 

あなたはまだまだ若いですし、合格のための記憶力も十分にあります。

 

76歳の方に負けないよう、ぜひチャレンジして下さい。

 

 

もし記憶力に自信がないのなら、私が「社労士超高速勉強術」の特典としてつけている「記憶力を高める方法」「記憶力をアップする秘訣」を読んで、実践してみて下さい。

 

記憶力が改善されていくのを、体感できることでしょう。

 

その他の特典の詳細については、こちらに記載していますので参照して下さい。

では、最年少合格者は?

 

ちなみに最年少合格者は19歳です。

 

この方は凄いですよ。勝部祐規さんという方なのですが、16歳で宅建に、18歳で行政書士試験にも合格しています。

 

 

まさにこういう人を天才というのでしょう。さぞかし学校の勉強も得意だったのでしょう…と思ったら、どうやらそうでもないそうで。

 

基本的に勉強は嫌いで、大学にも行ってないようです。それならなおさら、どんな勉強をして合格したのか、気になりますね。

 

 

なんでも、音楽を聴きながらひたすら参考書を読むスタイルで合格したんだとか。

 

要は、「楽しみながら」勉強したということでしょうか。音楽を聴いてリラックス状態で勉強したから、頭にスムーズに知識が定着したのでしょうね。

 

もちろん、もともと勉強の素質があり、ただ学生時代はその素質が発動していなかっただけなのかもしれませんが。

 

 

いろんな合格者がいるものです。あなたもその合格者の1人になりましょう。