×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「社労士超高速勉強術」のあれこれ

史上最低の合格率。社労士の勉強はいかにすべきだろうか。

 

 

社労士試験に合格する…やみくもに間違った勉強をしていては、合格まで時間がかかってしまいます。

 

合格率は年々下がり続け、平成24年は7.0%、平成25年は5.4%にまで下がってしまいました。

 

 

 

平成25年の合格率はたったの5.4%!効率的に勉強しないと、合格が遠のいてしまいます。


 

 

以前のように、過去問をグルグル回して解いているだけでは、社労士試験は合格できなくなってしまったのです。

 

ここまで合格率が下がると、無駄な勉強をしている暇はありません。合理的な、正しい勉強法に沿って勉強することこそが、合格への第一歩となるのです。

 

 

予備校を利用して勉強するのもいいでしょう。予備校にかかるお金は決して少額ではありませんが、合格へ向けての勉強カリキュラムを予備校は用意していますので、それに沿って勉強していれば合格するのではないか、という安心感が手に入ります。

 

しかし、全て予備校任せではいけません。予備校はあくまであなたの合格のために利用するものです。合格のための手段に過ぎないのです。

 

もっと社労士試験に超高速で合格できる勉強術があるなら、それも利用してみたらいいと思います。

 

あくまで勉強の主体はあなた自身です。予備校に振り回されず、主体的に社労士試験の勉強をしましょう。

 

 

 

予備校に頼り切りではダメ。勉強はあなた自身がするものですよ。社労士試験合格に向けて、頑張って下さいね!